ハワイ求人・インターンシップ・ハワイで働く人のサポートなら「ステップフォワード」

メールお問い合わせ   無料カウンセリング

お問い合わせ(10:30〜17:00 定休日:年末年始)
B.I.C Bridges for International Communication

HOME > お役立ちコンテンツ > ハワイで働くための準備豆知識 > ハワイ生活あれこれFAQ > 日本と比較!マナー編

ハワイ生活あれこれFAQハワイ生活あれこれFAQハワイで働くための準備豆知識

ハワイ生活あれこれFAQ

日本と比較!マナーいろいろ

日本とハワイのマナーの違いについて教えてください。

チップについて

ハワイ生活あれこれFAQ スーパーやコンビニで商品を買う、セルフサービスのファーストフード店で食事をするなどとなると話は別ですが、特にホテルやレストラン等のサービス業を利用した場合は純粋な商品の値段とは別にチップ代がかかる事は忘れてはいけないポイントです。
日本にこの慣習はありませんのでなじみが薄く、つい忘れがちですが、海外…特にヨーロッパやアメリカ等のチップ文化のある国のサービス業に従事する従業員のお給料はとても安く設定されており、チップは余禄ではなくそのまま各個人の収入となっているのです。
つまりチップをもらう事が前提としてのお給料設定ですね。
これらは正式な収入源として納税時には申告義務もあるので、チップはしっかり渡すようにしましょう。
目安としてドアマンやホテルのベッドメイク、ルームサービス、タクシー代等に対するチップは1〜2ドル、また10%程度が相場ですが高級レストランやとても迷惑をかけてしまった場合やとてもサービスが良く感動した場合はこの限りではありません。
また、最近ではチップ文化のない日本人を考慮してあらかじめ伝票にチップの項目があり「GRATUITY INCLUDED(チップ込み)」等と記載されている場合もありますのでよく確認してみましょう。
もちろんチップ込みの場合は二重にチップを渡す必要はありません。

日本食レストラン、日本人がスタッフでもチップは必要ですか

必要です。

先にご説明したように国全体のお給料の制度がチップを含めた値段に設定されていますので必ず支払うようにしましょう。

チップを小銭で払ってもいいですか?

ダメです。

タクシーなどに乗りおつりをチップとして渡す時以外はチップは基本的に紙幣で支払うようにします。
一ドル紙幣を常に10枚程度すぐに取り出せる場所に用意しておきましょう。
財布からではなくポケットからさっと取り出すのがスマートです。
また、一ドル札が無い場合は両替をお願いしましょう。たとえば10ドル札から2ドルをチップとして渡す場合「8ドルに両替してください」といえばOKです。

サービスが悪かったのですがチップは払わなくてもいいですか?

ダメです。

何も言わずにチップを払わないのはマナー違反です。
チップを通常通り支払ったうえで何が気に入らなかったのかを本人もしくは店舗マネージャーなどに説明しましょう。
アメリカは自分の意見や主張をいう事を求められる国です。きちんと要望を伝えれば相応の対応をしてもらえます。

服装について

ハワイはリゾート地なので高級レストランであっても基本的にスーツやネクタイの人は少ないです。
またアロハシャツとムームーは正装と認められているので格式ある場に着ていく事も許されています。
注意が必要なのは水着での施設への立ち入り。ホテルやレストランへ水着のまま入店する事はたとえ濡れていなくてもマナー違反です。小さな子供にも適応されますので気を付けましょう。

洗濯物は室内に干す

洗濯物(水着やタオル等)を外からラナイ(ベランダ)等の外から見える場所に干す事は景観を損ねるという理由から禁止されています。
室内やバスルームに干すようにしましょう

飲酒について

ハワイでは飲酒、アルコール類の購入は21歳から。
またビーチでも飲酒は禁止です。
海を眺めての一杯はビーチバーでどうぞ。
21歳以上であってもアルコールの缶や瓶を外から見える形で持ち歩く事は禁止されていますのでご注意ください。
特に日本人は幼く見られがちですのでIDカードの提示を求められる場合もあります。

喫煙について

ハワイは他のアメリカ本土の州と同様、法律により厳しい禁煙制度が設けられています。レストラン、バー、ホテルロビーなど、屋内公共の場は、ほぼ全て禁煙。また、ビルの入り口、窓から、20フィート以内の場所も禁煙です。
ホテルも喫煙ルーム以外は禁煙。ベランダで一服…なんてもってのほかです。
ビーチや公園での喫煙は可能です。

子連れでのマナー
子供を放置しない

ハワイでは13歳以下の子供を一人にしてはいけないという法律があります。
ほんの十数分の公衆電話をかけていた間に子供をホテルのロビーで待たせていただけでも逮捕という事になりかねません。
車の中に子供だけを残して親は買い物に等も同じです。
「郷に入れば郷に従え」日本とは治安がずいぶん違いますから自分の子供は目の届く場所に常において自分で守りましょう。

18歳未満は後部座席に

ハワイでは年齢によって車に乗車できる場所が定められている事はご存知でしょうか?

  • 新生児〜4歳未満はベビーシート、または、チャイルドシードを後部座席で着用する事
  • 4歳以上〜9歳未満は、チャイルドシート、または、ブースターシート(背もたれのない腰下だけのシート)を後部座席で着用 
    ただし、身長4フィート9インチ(144.8センチ)以上、かつ、体重40ポンド(18.2キロ)以上の子どもは、シートベルトで可
  • 18歳未満は後部座席に座り、シートベルトを着用する事

と、法律で定められています。
助手席に座る事ができるのは18歳以上。もちろんシートベルト着用も義務付けられています。
違反した場合は100〜500ドルの罰金を課されます。

リクエスト登録 フォトグラファー大募集! ルアナチャペル・ウェディングプランナー募集 日本人向け語学学校のマネージャー募集 マッサージセラピスト募集 カイラツアーズ・トータルマネージャー募集 ハワイで人気「抹茶カフェ」接客・キッチンスタッフ大募集 沖縄で働いみませんか 弊社提携コンドミニアムのご紹介 ハワイ求人情報一覧
7回にわたって配信! 今、ハワイで働いている人をインタビュー
お名前

メールアドレス

受け入れ企業の方へ 日本語サポート 就労体験者の声 スタッフブログ ハワイ留学を希望される方は『スタディハワイ』
pagetop
Copyright © 2019 ハワイ求人・ハワイで働く人のサポートサイト「ステップフォワード」 All Right Reserved.