ハワイ求人・インターンシップ・ハワイで働く人のサポートなら「ステップフォワード」

メールお問い合わせ   無料カウンセリング

お問い合わせ(10:30〜17:00 定休日:年末年始)
B.I.C Bridges for International Communication

HOME > お役立ちコンテンツ > ハワイで働きながらハワイライフを楽しもう! > 過ごし方guide 住まいの探し方

過ごし方guide過ごし方guideハワイで働きながらハワイライフを楽しもう!

住まいの探し方

インターンシップを利用してハワイで働くにあたって住む場所を確保しなければなりません。
しかし日本からではハワイの住宅情報がかなり限られてしまうため、インターンシップ生の多くは、最初の1週間〜1ヶ月間の滞在先は日本から探して来たホテルやコンドミニアムに滞在し、その間にじっくり住まいを探す方が多いのです。
またワイキキ周辺は家賃が高いことからルームシェアをされている方も多くいます。

現地での探し方

過ごし方guideハワイの情報サイトや、ハワイの新聞(ホノルルアドバタイザー)、日本人向け新聞(日刊サン)にアパートの物件情報が載っていますので、気に入った物件があったら、まずは問い合わせます。
日本でも同様ですが、必ず契約をする前に物件を見て、周辺地域や内装などをチェックしましょう。コンドミニアムを探す場合は、日本のように不動産会社に探してもらうことも可能ですので、心配な方はまずはネットで不動産会社探してみるといいですね。

エリア

日本でもそうですが、ハワイでの家さがしは仕事先に通いやすいことが1番快適に過ごせるコツ。バス・徒歩・車など何で通勤するかによって住むエリアは大きく異なってくるので、ハワイの仕事先ではどの交通手段があなたにとって有効かを、まず考えてみましょう。
こちらで紹介をするエリアは、ハワイの中でも治安と利便性が高いと言われています。
ただし、どの地域にしてもいくつかの候補を決めて実際に物件まわりをすることをおすすめします。

アラモアナ

アラモアナはワイキキの西側に隣接する地区です。アラモアナショッピングセンターがある付近といえば、ご存知の方も多いのではないでしょうか。アラモアナ付近は、海の絶景や小型船の係留施設もある高級住宅地です。
コンドミニアムなども他の地域に比べると高値ですが、立地としては申し分ない地区といえるでしょう。

ワイキキ

ホテルばかりが印象に残るワイキキですが、短期滞在用から長期滞在用まで賃貸物件があります。周囲の環境を知るために初めは短期滞在用の契約にするのも1つの手段です。ですが、観光客向けにレストランやショップが多く交通の利便性が高いので、静かに過ごしたいという方には不向きな地区といえるでしょう。

カパフル

ワイキキから少し離れた場所にあるカパフルは、現地ロコの生活地区。本格的なハワイ料理のレストランやスーパーなどもあり、インターンシップなどで半年ほどの長期滞在を考えている方にはおすすめです。

マノア

ハワイ島まで行かなくても、自然に囲まれて過ごしたいという方におすすめなのが、ワイキキから車で20分程度のマノア。山や滝に囲まれた環境の高層コンドミニアムは、景色が最高です。車がなく、ワイキキなどで仕事をする場合はバスの乗り継ぎなどで1時間ほどかかるので、通勤の際には気をつけてください。

ハワイの家賃の相場

過ごし方guideハワイで住まいを探すにあたって最も気になるのが家賃です。
ワイキキでコンドミニアムを借りるとなるとStudio(1ルーム)タイプで、1カ月平均1000ドル〜、1ベッドルームで1300ドル〜が相場です。
ハワイでは通常は家賃の水道料金が含まれていますが、電気代、ガス代、インターネット代などはその物件によって含まれるものもあれば、含まれないものもあります。
また家具が付いている、付いていないによっても値段が変わってくるので、確認をしましょう。

賃貸契約の手順

コンドミニアムを新規で借りる場合は通常6ヵ月以上の契約が基本ということが多いのですが、部屋によっては2ヶ月から契約できる部屋もあります。
長期間借りるかどうか分からない場合は、できる限り短い期間での契約を行うのがおすすめです。契約期間終了前に退去することになった時に、金銭的なトラブルになる可能性があります。
最初の支払いは、初月の家賃1ヶ月分、家賃1ヶ月分のデポジット(敷金)、最終月の家賃1ヶ月分が必要です。デポジットは通常は退去時に戻ってきますが、 退去時の時点で部屋やカーペットや備品の修理・修復が必要と判断された場合はデポジットから修繕費用が差し引かれます。そのため、あらかじめ入居した時から痛んでいる箇所や汚れなどがある場合、貸し手に確認してもらうようにしましょう。また、入居する前にその箇所の写真などを撮っておくと証明になります。

ルームシェア

ワイキキ周辺の家賃は日本の都心部と変わらないくらい高いため、一人暮らしをするとお給料のほとんどが家賃で消えてしまうという方も多いのです。
そのため、ハワイではインターンシップで滞在している方に限らず、ルームシェアをしている方が多くいます。

ルームシェアの家賃の相場

ルームシェアの家賃の相場は、エリアや光熱費などの含まれるもの、ベッドルームが個室としてあるのか、トレイやシャワーが部屋についているかなど設備によって費用が違ってきます。ワイキキ周辺でのルームシェアの家賃の相場は、部屋にもよりますが、だいたい700〜850ドルくらいと言われています。 学生の多いマノア地区であれば600ドル〜、ワイキキやアラモアナ地区だと750ドル〜です。

ルームシェアのメリット

日本ではあまり馴染がないルームシェアですが、アメリカ人や英語圏の出身の方とルームシェアをすれば英語の上達にも役立ちますし、プライベートがありながらも家の中でアメリカンライフを体験できることからハワイでは大変人気があります。

リクエスト登録 ハワイで人気「抹茶カフェ」接客・キッチンスタッフ大募集 ハワイウェディング業界でお仕事したい方大募集! 沖縄で働いみませんか フォトグラファー大募集! 弊社提携コンドミニアムのご紹介 ハワイ求人情報一覧
7回にわたって配信! 今、ハワイで働いている人をインタビュー
お名前

メールアドレス

受け入れ企業の方へ 日本語サポート 就労体験者の声 スタッフブログ ハワイ留学を希望される方は『スタディハワイ』
pagetop
Copyright © 2017 ハワイ求人・ハワイで働く人のサポートサイト「ステップフォワード」 All Right Reserved.