ハワイ求人・インターンシップ・ハワイで働く人のサポートなら「ステップフォワード」

メールお問い合わせ   無料カウンセリング

お問い合わせ(10:30〜17:00 定休日:年末年始)
B.I.C Bridges for International Communication

HOME > ハワイスタッフブログ

ハワイスタッフブログハワイスタッフブログ

現地スタッフが、ハワイの最新求人情報や
知って得するハワイの様々な情報をお届け致します。

BACK | NEXT

2017/06/03

Lantern Floating Hawaii

Aloha

6月ですね!
Happy Friday !!
週末のご予定はお決まりですか?

ハワイは先週は3連休、月曜日はNational holidays、メモリアルデーでした。
メモリアルデーとは、アメリカ合衆国の祝日の1つで「戦没将兵追悼記念日」。
毎年5月の最終月曜日、今年は明日5月29日でした。

もともとは南北戦争の戦争終結記念日、戦没者を追悼する目的で「デコレーションデー」とされていたこの日、第二次大戦後 「メモリアルデー」と改められ、1971年にアメリカ連邦政府に正式な休日と定めらました。

南北戦争に限らず、戦争によって国のために命を犠牲にした軍人全てを追悼する日となり各地で、様々な追悼行事が行われます。
近年ではメモリアルデーは、国民の個人的な追悼の日でもあり、家族や個人が亡くなった身内や愛する人たちをしのぶ日として、教会の礼拝、お墓参り、献花、黙とうなどを行い、追悼の思いで1日を過ごす。
また、メモリアルデーの前の金曜日は学年度の最後となることが多く、夏の始まりとされ、本格的なサマーシーズンに入ります。家族や友人と海や山へ出かけたり、家でゆっくり過ごす人たちも多いようです。

ハワイにも多くの兵士たちが眠る墓地、パンチボウルの丘があります。
メモリアルデーにはセレモニーも行われていました。

ーパンチボウルの丘(国立太平洋記念墓地)ー
火山活動によってできた高台のクレーターであるパンチボウルは、古代ハワイで「Puowaina」と呼ばれていました。
Puowainaとは「犠牲の丘」という意味。タブーを犯した罪人をいけにえとしてハワイ古代宗教の神に捧げる祭壇が高台に置かれていました。
国立太平洋記念墓地としてオープンしたのは1949年。
第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争で母国のために自らを「犠牲」にした4万6千以上の兵士が眠る丘となりました。

また、毎年アラモアナでは灯籠流しが行われます。
Lantern Floating Hawaii

今年も大勢の方で賑わっていました。

戦争、病気、事故のいずれであっても、愛する人を失うことはとても悲しく、受け入れがたいことですよね。
大切な人を思い、平和な世界を願い、今ある自分の人生と愛する人に感謝をしたいなーっと、しみじみ思う1日となりました。
みんさんがハッピーでありますように!!

Have a happy weekend♪

Mahalo

 
ハワイに”留学”のお問い合わせはこちら →http://www.study-hawaii.jp/

ハワイで”働く”のお問い合わせはこちら →http://www.job-hawaii.jp/

ハワイでの”学生インターンシップ”のお問い合わせはこち →http://www.tryinternship-hawaii.com/

カテゴリー:ハワイについて,ハワイ生活

BACK | NEXT

pagetop
Copyright © 2017 ハワイ求人・ハワイで働く人のサポートサイト「ステップフォワード」 All Right Reserved.